お知らせお知らせ

6 〜 10 / 99件

12月寺子屋日曜塾

 長楽寺は4年前より日本教育の現状を鑑み、各文化教室を初めとして壮年終活教育と子供たちの自然体験教室 寺子屋自然塾を行なって参りました。
 さて12月の寺子屋日曜塾は、和プロジェクトTAISHI代表 宮本辰彦先生を講師としてお迎え致します。日本の宝といえる「和の精神」を「WA Spirit」という新たな概念(循環と寛容と調和の精神)として広く世界に発信されています。今回も皆様のたくさんのご出席を心よりお待ち申し上げます。

講 師 宮本 辰彦 先生     和プロジェクトTAISHI代表

演 題 「 これからの時代に求められる人間力と和の精神とは 」

 先行き不透明なビジネス社会。明確な人生哲学と経営理念が求められています。西洋型の自由主義、社会主義のいずれも行き詰った今、厳しい国際社会には通用しないとこれまで封印されてきた、「WA」という日本型の新たな価値が、光明を与えてくれます。

平成29年12月17日(日)  午後2:00〜4:00    
会 費 無料
   
場 所 長楽寺(動物霊園)
     名古屋市南区呼続4−13−18

連絡先  Tel(052)−811−6036 迄
      お電話をお願い致します。   ( 12月14日締め切り )

00000147, 2017/11/20 11:09
お知らせ, 長楽寺動物霊園

11月 寺子屋日曜塾

 長楽寺は4年前より日本教育の現状を鑑み、各文化教室を初めとして壮年終活教育と子供たちの自然体験教室 寺子屋自然塾を行なって参りました。
 さて11月の寺子屋日曜塾は皆様のアンコールにお応えし、名城大学副学長 磯前秀二先生を講師としてお迎え致します。貿易中心の日本がこれから進むべき道を、先生により分かり易く解説して頂きます。今回も皆様のたくさんのご出席を心よりお待ち申し上げます。

講 師 磯前 秀二 先生     名城大学 副学長、社会連携センター長、農学部教授

演 題 「 日本社会の大変動と農政 」〜 教育のあり方もふまえつつ 〜
 アメリカでトランプ大統領が登場しました。これまでの共和党出身の大統領とはだいぶ考え方が異なるようで世界観や価値観よりもディール(取引)を重視した政治を展開しそうです。外交もしかり。日本は戦後70年を過ぎましたが、対米関係でも難しい時代を迎えそうです。天変地異や超高齢社会も含めて考えると、大変動が予想される戦後80年前後の日本はどうなるのでしょうか。また、どうすべきなのでしょうか。そうした問題意識の下、教育のあり方や私の専門分野である農政の大局観について、関連付けて拙見を申し上げます。皆様からお知恵を頂戴できればと存じます。

平成29年11月19日(日)  午後2:00〜4:00    
会 費 無料
   
場 所 長楽寺(動物霊園)
     名古屋市南区呼続4−13−18

連絡先  Tel(052)−811−6036 迄
      お電話をお願い致します。   ( 11月16日締め切り )

00000146, 2017/11/20 11:01
お知らせ, 長楽寺動物霊園

台風21号接近に伴う閉堂について

台風21号の接近により、誠に勝手ながら、本日18時に閉堂させて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますがご理解お願い致します。尚、受付終了時間は17時までとなっております。お参りの方はお早めに御来寺下さい。

00000145, 2017/10/22 09:59
お知らせ, 長楽寺動物霊園

10月 寺子屋日曜塾

 長楽寺は4年前より日本教育の現状を鑑み、各文化教室を初めとして壮年終活教育と子供たちの自然体験教室 寺子屋自然塾を行なって参りました。
 10月の寺子屋日曜塾は、9月に台風18号の影響で順延となりました、経済評論家 渡邉 哲也先生の勉強会となります。渡邉先生は「ビートたけしのTVタックル」や「そこまで言って委員会」など、メディアでの出演多数、いつも鋭い切り口と素晴らしい分析力で出版される書籍はいつもベストセラーとなっています。
当日は、渡邉先生にこの混沌とした世界経済をより分かりやすく解説して頂きます。
今回もたくさんのご出席を心よりお待ち申し上げます。

講 師 渡邉 哲也 先生     作家・経済評論家

演 題 「 混乱する世界と日本 」

平成29年10月15日(日)  午後2:00〜4:00    
会 費 無料
   
場 所 長楽寺(動物霊園)
     名古屋市南区呼続4−13−18

連絡先  Tel(052)−811−6036 迄
      お電話をお願い致します。   ( 10月12日締め切り )

00000144, 2017/10/04 11:19
お知らせ, 長楽寺動物霊園

宮古馬について

長楽寺よりお知らせです。
 現在、沖縄県の宮古馬が絶滅の危機に瀕しているようです。宮古馬は、天然記念物指定をうけているようですが、財政の乏しい宮古島市と飼育者では、困難な状態にあるようです。宮古馬は、温順で人馴れが愛らしい品種です。この種の絶滅の危機に、当山を含め、皆さんにもご協力いただけましたら幸いで御座います。

実は、ふるさと納税では納税を受けた自治体に「その使途の特定」ができます。
今回では、例えば「宮古馬の直接的飼養経費に限る」です。

納税方法として
パソコンでアクセス→ふるぽ/宮古島のふるさと納税→「申し込みはこちら」→必要事項入力→最後の応援メッセージ欄に「使途は、宮古馬の直接的飼養経費に限る」と明記下さい。

00000143, 2017/07/28 19:34
お知らせ, 長楽寺動物霊園